Gemforex出金できない

こんな話をたまに聞くのですが、
Gemforexでは、
出金できない事が頻繁に起こるのでしょうか?

もしそうであれば、
使う価値がないですよね。

 

だって、どんなにトレードをして
利益を出したとしても、
その利益が出金できないのなら
何の意味もないですからね。

 

という事で今回は、
Gemforexでは出金できないことが
頻繁に起きるのかについて、
私の経験からお伝えしていきます。

頻繁に出金できなくなるのか?

Gemforexを使うと、
頻繁に出金できなくなるのかというと、
全くそんなことはありません。

普通に出金できます

 

実際に私自身、
Gemforexをよく使っていて、
利益が出た分に関しては
毎月出金していますが、
今のところ

“出金できない”

ということは一度もありません。

 

その為、Gemforexを使っても、
“頻繁に出金できない”
といった事は起きないと考えてOKです。

 

出金までに掛かる時間は?

因みに、出金に掛かる時間ですが、
まずGemforexの出金方法としては、

・銀行送金
・ビットウォレット
・ビットコイン

といった方法があります。

 

そして、実際に私が利用したのは、

・銀行送金
・ビットウォレット

この2つなのですが、
実際の出金までの時間としては、

・銀行送金:当日~5営業日
・ビットウォレット:当日~1営業日

といった感じです。

 

中でも一番驚いたのが、
銀行送金でした。

なぜなら、通常銀行送金だと、
どんなに早くても3営業日ぐらいで
銀行に着金するのですが、
Gemforexの場合、
当日銀行に着金されることもあります。

 

私もとある日の朝に出金依頼をしたら、
Gemforex側で出金処理が終わったのが
15時半ごろで、銀行に着金したのが
なんとその日の19時半ごろでした。

これには本当に驚きました。

因みに使った銀行は楽天銀行です。

 

また、ビットウォレットに関しては、
ビットウォレット側に着金するのが当日で、
そこから銀行へ出金申請を出した場合は、
最短2営業日で銀行へ届きました。

ですから、Gemforexに関しては、
今のところ出金は凄く優秀で
安心して出金することができています。

 

どんな時に出金できなくなるのか?

私が実際に使っている限りでは、
“Gemforexで出金できない”
というのは今のところ一度もないです。

しかし、そうはいっても、
出金できない場合も実はあります。

 

それが、
ガイドライン違反をした時になります

 

Gemforexに限らず、
どんなFX業者にも
必ずガイドラインがあり、
そこにトレードの禁止事項が書いてあります。

その禁止事項に当てはまるトレードをすると、
出金ができないというか、
利益が取り消されてしまいます。

 

そして、禁止事項を意図的に繰り返すと、
最悪口座凍結になり、
本当に出金できなくなる可能性があります。

 

トレードの禁止事項は?

Gemforexでのトレード禁止事項は、

・アービトラージ
・複数口座を使った両建て
・システムの不備を狙ったトレード
・大きく動く指標だけを狙ったトレード
・事前連絡なしの大ロットでのトレード
・月曜朝一の窓開けを狙ったトレード

といった事が主な禁止事項になります。

 

特に、Gemforexの場合、

・レバレッジ1,000倍
・追証が発生しない

といったメリットがあるので、
指標や窓開けを狙ったトレードを
大ロットでする人がいます。

 

これは例えば、
窓開けを狙ったトレードの場合、
金曜の終値付近で、
フルレバレッジで買いと売りで両建てをします。

そして月曜朝一に窓が大きく上に開くと、
売りの分は強制ロスカットになって
口座残高がマイナスになります。

 

しかし、ゼロカットによって、
マイナス分が補填されるので、
損失は自己資金だけに限定できます。

それでいて、買いの方は
大きな利益になるので、
トータルでプラスになるという訳です。

 

ただ、このようなゼロカットを利用した
トレードというのは、
Gemforex側からすれば
損失を受ける事になります。

なぜなら、
マイナスになった口座残高は
Gemforexが補填しているからです。

 

その為、何度もこのようなトレードをされると、
Gemforexの損失が膨らんでいき、
経営を圧迫しかねません。

このような状態を防ぐ為に、
指標や窓開け、両建てといったトレードは
禁止されているわけです。

 

そして、上記の禁止事項をした場合は、
無条件で利用を停止または削除され、
利益が取り消されて、
出金できなくなることもあります。

場合によっては、
法的処置を取られることもあるので、
規約はちゃんと読んでおきましょう。

 

スキャルピングはできる?

Gemforexでは、
スキャルピング自体は禁止していません。

 

ただし、スキャルピングをやりすぎると、
サーバー側に負担が掛かります。

その為、カバー先で処理しきれずに
トレードができなくなる場合があります。

 

その為、スキャルピングをするにしても、
過度にやると出金できなくなる事もあるので、
あまりやらない方が良いと思います。

 

普通にトレードをしていれば出金できる

Gemforexでは、
トレード禁止事項があって、
それに触れた場合は
出金ができない場合があります。

また、過度なスキャルピングをした場合も、
同様の処置が取られる事があります。

 

しかし、規約に違反せずに
普通にトレードさえしていれば、
出金できないことはまずないです。

昔の海外FX業者にあったような
“理不尽な出金拒否”
というのは起こらないでしょう。

少なくとも私は今のところ、
一度も出金できなかったことがないです。

 

基本的に、「出金拒否された!」
なんて騒いでいる人は、
規約をちゃんと読まずにトレードをして、
知らず知らずのうちに
違反していた人が大半です。

海外FX業者の場合、
規約が英語で書かれていることが多いので、
面倒くさがって読まずに
トレードをすることが多いですしね。

 

だから、Gemforexで
トレードをする際も、
規約をしっかり読んでから
それに沿ったトレードをしていけば、
問題なく出金できます。

 

まとめ

今回は、Gemforexで、
出金できない場合について
お伝えしてきました。

 

確かにGemforexでも、
出金できない場合はありますが、
それはGemforex側へ
損失を与えるような行為をした時に限ります。

その為、普通にトレードさえしていれば、
出金拒否をされることもないので、
特に問題はないでしょう。